Fashion,  Lifestyle,  パーソナルカラー診断

パーソナルカラーって?②

 

さて、前回に引き続き、似合う色について、お話したいと思います。

こんなことってありませんか?

ある服を着ると、なんだか、お肌がきれいに見える!
だから、ついつい、ヘビーローテーションになっちゃってる。
どのショップも同じ色のディスプレイ。そんな流行色を買って、一度は着たもののタンスの肥やしになっちゃった。
ショップの店員さんが、とてもステキに見えたので、つい買っちゃったけど、結局、着ずじまい。

似合う色って、残念ながら、必ずしも好きな色とは限らないんですよね。

「じゃあ、何が違うの?」


実際、私も淡いブルーやピンクが好きですが、残念ながら似合いません。
ただし、ブルーやピンクの中にも似合う色合いのものがあるので、それを身に着けるようにしています。

似合う色って、つくづく、人それぞれだと、感じます。

必ずしも明るく鮮やかな色だから、お肌も明るくキレイに見えるわけではありません。
人によっては、明るく鮮やかな色が、逆に疲れたお肌に見える場合があるんですよね。

不思議ですよね。

例えば、お風呂上りのお肌って、とっても、キレイに見えませんか?

それはカラダが温まって、血色が良いからなんですよね。
ということは、通常あまり血色の良くない人は、血色を良く見せてくれる色を選べばいいわけです。

そんな色があるんですよ。

その人にピッタリの色が。

それを探していくのが、パーソナルカラー診断なんです。

もちろん、その人をステキに見せるのは血色だけではありません。

明るく透明感が出る色

キリっと引き締まって見える色

シミ・そばかす・ほうれい線などなど、欠点を目立たなくしてくれる色

そんな自分に似合う色を知ることで、おしゃれがますます楽しくなり、無駄なお買い物もしなくて済むというわけです。

ちなみに、私の娘が高2の時に、似合う色・・・というより似合わない色を知ったことで、悩みをひとつ解消しました。

学校で鏡を見る度に、「どうしてこんなに沈んで見えるんだろう。気分が悪いわけでもないのに・・・。」
そんなことを思っていました。

実はうちの娘、純白を着るとお肌がくすんで見えるんです。
そう、高校の制服のブラウスは純白ですから、どうしても人と比べると沈んで見えたのでしょう。

そこで、娘はほっとしました。
顔色が悪く見えるのは、気持ちの問題ではなく、ブラウスの色のせいなのだと判明したわけですから。
それから、鏡を見ても気にならなくなったそうですよ。

制服ですから、コレばっかりは仕方ありませんしね。
とりあえずは、少し色のついたリップつければ何とかなるでしょう。(チークを付けるのもひとつの方法ですが、学生なのでそこまでしなくてもいいでしょう。)

パーソナルカラー診断が気になる方は、こちらをご覧ください。

カラーデザイン・パーソナルカラー診断・色彩心理を行っております。 国際カラーデザイン協会カラーアナリスト

Scroll Up Scroll UpPAGE TOP